< 2017年03月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年05月 >
ホーム  > カテゴリ > 姉弟

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉弟

学校で・・・

昨日は、児童向け、学習発表会
今日は、わくわくタイム、地域別に分かれて遊ぼう!

っていうのがあった。

その中で、maiが、たっくんを恥ずかしいと思うような出来事があったようだ。

昨日の、学習発表会では、体育館に全校生徒が、集まってる。

そんな中でも、たっくんは、思わず大きな声が出てしまう事があって・・・

maiの学年が舞台上で、合唱をしていると、たっくんが、その間に、
「ひゃ~」とか「ふぉ~」なんかの、相槌のように叫ぶらしい・・。

それで、みんなが、ケラケラ笑う。

今までのmaiだと、一緒に笑っていたんだとう思うけど、
流石に・・・3年生にもなると、
「弟の事で、笑われた事が恥ずかしくて、自分が笑われてるような気持ちになる」 と話してきた。


今日は、地域別に分かれて、ドッヂボールをしたらしい・・・
その時に、たっくんのボールの投げ方が・・・

両手で投げて、「そりゃ~ほりゃ~」と言いながら投げて、
とんでもない所へ投げて、一瞬、ドッヂが、めちゃめちゃになってしまうらしい・・。

で、勝敗が掛ってるので・・・
高学年が「なんやね~ん!」と言ったり、笑ったりするようだ。

それが、 「いや」と私に訴えてきた。

1学年しか違わないので、学校で接する時も多い。

たっくんの事が少しずつ分かりだし、たっくんの言動が恥ずかしいと思うようになってきたようだ。

この前も、たっくんに対して、いつも我慢してるっていう気持ちをぶつけて、泣いていたし・・。
私たちも気を付けないといけないと思った。
maiには、我慢させていた事がやっぱり、一杯あったと、改めて反省した。

家では、たっくんと、一緒に良く遊んでくれるし、面倒を見てくれる。
でも、やっぱり、学校という集団の中では・・・
maiもそんな気持ちが芽生えた(この言葉は、適切ではないけど・・)始めたのかも知れない。

maiの複雑な心境をしっかり、受け止めてあげなきゃいけないな。


最後まで読んでくれてありがとう
プチッと押してもらえると励みになります。

↓拍手もいつも、ありがとう
 
スポンサーサイト

お姉ちゃん

今朝、忘れん坊maiが水筒を忘れて行った。

たっくんは、それを見つけて

 「mai、水筒、忘れてる~。持って行ってあげるよ」
と言って、自分の首から掛けて届けてくれようとしたので、

「じゃ、お願いするね。」と言って、学校へ向かった。
今日は、荷物が重いので、私は、くつ箱の所まで見送って、学校を後にした。

学校から帰ったたっくんに、 「maiに水筒届けてくれた?」と聞くと
「うん」
「maiちゃん、何て言ってた?」
「ありがとうって・・・」
そっか・・とここまでは、良かった。

学校から帰ったmaiは、いつもの様に、スイミングへ行き、ご飯を食べて、お風呂に入った時。
(我が家では、お風呂タイムに、いろんな話をするので、ここで言いたい事や学校であった出来事を話しをしてくれる。)

 「今日、たっくんの事で、ちょっと嫌な事があった。」
「何?」
「今日、たっくん、水筒持って来てくれたんやけど、
また、失礼しますって入って来なくてma~i~って入ってきてん、
それで、●くんと▲くんが、お前の弟ma~i~って変な言い方するなぁ~。ma~~i~~って何回も、何回もたっくんのマネするねん。」

と言っていた。

どうやら、失礼しますって入って来なかった事を責めてるようでは無く、同級生にたっくんのマネをされた事に嫌な思いをしたようだ。

たっくんは、独特の喋り方をするので、マネをされやすい。

「弟のマネするなあ!!って言ったり~

「言ったけど、しつこくするねん。」

最近、たっくんの事が分りだし、たっくんが、通園に一緒に通っていた子が1年生で入学して、その子も、養護学級に入ってきて、
今までの色んな事が繋がり始めたみたい。
養護学級を意識し始めた。

maiがそんな事で嫌な思いをしてる事は、担任にも伝えようと思ってる。

ま、毒吐き、柄悪オカンの私は・・・
大きい声では言えませんが・・・

「今度、その2人家に連れて来い!ママが言い聞かせたるから!
シバキ上げるから、家に来い!ってママが言ってたから、覚えとけ!って言っておき!
たっくんの事をそんな風に言って、maiをからかう奴は、しょーちせーへんから!!」


こんなネット上では、書けません事をもっと言いました

こう言うと、maiは、笑ってましたけど・・・^_^;

横で聞いてた、たっくんも、自分の事だと分かるようで・・。
ちょっと反省しました。
あまりにも、ムカついたので・・・。
たっくんが、居ない場所で話さなくては・・・
ほんと、反省です。


最後まで読んでくれてありがとう
プチッと押してもらえると励みになります。


僕の歩く道・・・兄弟姉妹児

今日の、「僕の歩く道」第10話は、兄弟姉妹についても描かれていて、身につまされる思いがしました。

うちの場合は、まだ年も小さいし、年子だし・・・・
お姉ちゃん、マイが、どんな風に感じてるのかが、まだ疑問だけれど、時々「たっくん、ばっかり」という事もあるので、彼女なりに考えてる所もあるのかなぁ~と思ったり・・・。

学校でも行事が一緒だったりするので、たっくんが出来なかった事を姉として、どんな風に感じてるんだろう?

これから・・・なんだろうけど・・・。

こんなに、兄弟姉妹児の事の方に気を掛けてあげなくては・・・と思っていても、やっぱりたっくん優先なんだな。

前回のたっくんの療育の時も、吐き戻しで休んでいたにも関わらず、たっくんが「行きたい~~」と言うと、

「いいよ、行って来て。留守番してるから」という。

里江お母さんと一緒で、マイのそんな言葉に甘えてるのは、私かもしれないなぁ~って昨日のドラマで改めて思った。
たっくんの事で、イライラしていると、マイに当たってしまっていたりもするし・・・。
改めて、反省した。

堀田先生のような、神経科医・・・
居てほしいなぁ~。
いいなぁ~堀田先生。
加藤くんの株、急上昇
たっくんの神経科医の主治医は・・・・
淡々とあっさりしてるもんなぁ~。
そんな先生が好きなんですけどね。

来週は最終回で、 「グループホーム」
の話が出ていたなぁ~。
たっくんの、テルと一緒の30代・・・
どんな風に・・・・今は想像も付かないな。
来週で終わってしまうのは、やっぱり残念だなぁ~。



最後まで読んでくれてありがとう
プチッと押してもらえると励みになります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。